コラム・特集

7.4 待ち行列の規律

IEハンドブック
第13部 IE技術者の定量的方法論

第7章 待ち行列の理論

7.4 待ち行列の規律

待ち行列システムの第3の要素は待ち行列の規律である。これはサービスを待っている客,あるいは単位の中から次に誰をサービスするかを規定する。最も一般的なものは,到着した順にサービスをするものである。これは先着順(FIFO)規律である。これ以外のものとして,ランダムにサービスする客を決定したり,逆順(LIFO)規律もある。

さらに,優先システムのある待ち行列の規律もあり,優先待ち行列(priority queu)として研究されている。他の待ち行列の規律は,まえに述べた客の挙動と関連して考えられる。

図表13.7.213.7.3は待ち行列システムの一般的表現である。

本コラムは絶版となっている「IEハンドブック(サルベンティ編・日本能率協会訳・1986)」をアーカイブとして掲載するものです。このハンドブックの各章は多くの事例と理論を通して生産性向上に対するアイデアを提供するべく専門家によって執筆されています。基盤をなしているIEの考え方・原則はインダストリアル・エンジニアリングにかかわるすべてのひとに有用でしょう。

関連記事一覧

2019ものづくり公開セミナーガイド

B2Bデジタルマーケティングセミナー

ものづくり人材育成ソリューション

マーケティング分野オンラインセミナー