コラム・特集

4.1 はじめに

Eハンドブック
第11部 計画と管理

第4章 総合生産計画

4.1 はじめに

この章では, 2つの異なる側面から,在庫管理の問題を取り扱う。最初に一般的な在庫を維持する上での目的,機能,意義について述べる。ここでは生産,非生産企業双方の在庫を,組織的および財務的な側面から眺める。

次に,より詳しく”独立需要″の在庫アイテムを管理するのに適したシステムや手順について述べる。在庫管理の前提として,独立需要のアイテムは,システム内の他 アイテムとの相互関連はないと解釈する。このような状態は,基本的には小売業者や流通業者のような非生産組織だけに存在する(これを強調するために,独立需要の在庫管理は,ときどき,”流通″ 在庫管理と呼ばれることがある )。一方,”従展需要″アイテム例えば、組立製品からの需要として発生する部品の在庫管理の問題がある。しかし,以下に述べるように,在庫管理システムを決定するための従属需要/独立需要の原則は,現実には, 必ずしも当てはまる訳ではない。

 本コラムは絶版となっている「IEハンドブック(サルベンティ編・日本能率協会訳・1986)」をアーカイブとして掲載するものです。このハンドブックの各章は多くの事例と理論を通して生産性向上に対するアイデアを提供するべく専門家によって執筆されています。基盤をなしているIEの考え方・原則はインダストリアル・エンジニアリングにかかわるすべてのひとに有用でしょう。

関連記事一覧

2019ものづくり公開セミナーガイド

B2Bデジタルマーケティングセミナー

ものづくり人材育成ソリューション

マーケティング分野オンラインセミナー