コラム・特集

5.2 カ,コミュニケーション,地位

IEハンドブック

第10部 ファシリティーズ・デザイン

第5章 オフィス・レイアウト

5.2 カ,コミュニケーション,地位※

他の人との空間的関係によって,コミュニケーションを最大にしたり最小にしたりでき,また,他の人に対する力を行使することもできる。その証拠として,備品の形状とアレンジ,他の人と関係がある人の実際の地位,といったものは,ある人から他の人に対する知覚に影響を及ぼしている,ということがあげられる。

たとえば,長方形のテーブルの端の位置には地位が与えられており,陪審室でその場所に座った人は,テーブルの側に座った人より陪審長に選ばれるチャンスが倍はある,という経験則がある。

 本コラムは絶版となっている「IEハンドブック(サルベンティ編・日本能率協会訳・1986)」をアーカイブとして掲載するものです。このハンドブックの各章は多くの事例と理論を通して生産性向上に対するアイデアを提供するべく専門家によって執筆されています。基盤をなしているIEの考え方・原則はインダストリアル・エンジニアリングにかかわるすべてのひとに有用でしょう。

関連記事一覧

2019ものづくり公開セミナーガイド

B2Bデジタルマーケティングセミナー

ものづくり人材育成ソリューション

マーケティング分野オンラインセミナー