コラム・特集

7.5 グループ・ツーリング

IEハンドブック

第7部 製造工学

第7章 グループ・テクノロジー

7.5 グループ・ツーリング

コンポジット・パート
コンポジット・パートは部品の標準化,工程計画の標準化,機械のグルーピング,グループのジグや取付具の設計,グループ・ツーリング,段取の計画,NCパート・ファミリー・プログラミング等に対しても役に立つ図表7.7.10は,図表7.7.la図表7.7.4で示される,パート・ファミリーのすべての形状特性と加工の特徴をもっている,コンポジット・パートによって表すことができる部品のグループを表している。工程計画,あるいはツーリングがコンポジット・パートに対して展開されるならば, ファミリーのどんな部分も同じ操作とツーリングで加工することができる。


パート・ファミリーを穴明け加工するためのグループ・ジグの例が図表7.7.11に示されている。このパート・ファミリーの中の, 6つの異なった部品の穴明け加工するために,穴の大きさ,数,位置と部品の大きさと,形のわずかの相違を調整することは, 1つのグループ・ジグと6つの異なった補助付属品を必要とする。したがって,従来の生産方法でなされたような設計,製作, 6つの個々のドリル・ジグを用いる代わりに,本質的に安価である唯一のグループ・ジグと6つのアダプター,あるいはブッシング・プレートが必要とされている。それゆえに, グループ・テクノロジーを用いると,多くのツーリング費用がいかに減少するかが明らかになる。


本コラムは絶版となっている「IEハンドブック(サルベンティ編・日本能率協会訳・1986)」をアーカイブとして掲載するものです。このハンドブックの各章は多くの事例と理論を通して生産性向上に対するアイデアを提供するべく専門家によって執筆されています。基盤をなしているIEの考え方・原則はインダストリアル・エンジニアリングにかかわるすべてのひとに有用でしょう。

関連記事一覧

2019ものづくり公開セミナーガイド

B2Bデジタルマーケティングセミナー

ものづくり人材育成ソリューション

マーケティング分野オンラインセミナー