コラム・特集

2.7 職務を共に連結するための資源

IEハンドブック
第2部 職務とジョブ・デザイン

第2章 職務設計

2.7 職務を共に連結するための資源

技術的資源は,人から人へ材料と情報を伝達するのを援助する。たとえば,コンベヤベルトは,作業位置間に材料を運搬することによって,職務を連結する1つの装置である。情報は,電話,テレタイプ,コンピュータのような技術的装置によって伝達される。

組織的資源は職務担当者間に,決定,指図,フィードバック ,報酬を伝達するのを援助する。コミュニケーション,昇進と経歴経路,会議,新聞は,すべてこれらの機能に役立つ。

個人的そして対人的資源は, しばしば見落とされる職務間の連結環である。面識,組織目標への個人的献身, 社会的スキル,そして自 分自身の職務以外のタスクヘの習熟,これらすべては,単一のシステムヘと多くの職務を統合するのを援助する。

技術的,社会的決定は,タスクを作り出し,タスクの割り振りを制約することによって,職務の境界を作り出す。これらの決定はまた,職務の境界を交差する連結環を提供する。ある境界要因は,外部から企業にもたらされる。技術的,組織的,個人的境界が互いに補完し 合うことを確保することが,職務設計者の仕事である。職務設計の主要なタイプを検討した後,職務の境界を連結するのに役立ついく つかの分析方法を示すことにしよう。

本コラムは絶版となっている「IEハンドブック(サルベンティ編・日本能率協会訳・1986)」をアーカイブとして掲載するものです。このハンドブックの各章は多くの事例と理論を通して生産性向上に対するアイデアを提供するべく専門家によって執筆されています。基盤をなしているIEの考え方・原則はインダストリアル・エンジニアリングにかかわるすべてのひとに有用でしょう。

関連記事一覧

2019ものづくり公開セミナーガイド

B2Bデジタルマーケティングセミナー

ものづくり人材育成ソリューション

マーケティング分野オンラインセミナー