IE基礎テクニック習得コース

ライン作業分析による現場改善

プログラム内容 【配信時間:約5時間】

1.ライン作業とは

  • 1-1

    • ラインとは
  • 1-2

    • ラインのメリット・デメリット
  • 1-3

    • 生産方程式別の比較(ライン、ジョブショップ、セル)

2.ライン作業分析とは

  • 2-1

    • ライン作業分析の目的
  • 2-2

    • ピッチタイムと目的サイクルタイム
      • 目的サイクルタイムの求め方
  • 2-3

    • ラインバランスとは
      • ラインバランスの評価尺度
      • 編成効率、バランスロス
      • ライン作業分析の改善手順

3.ライン編成の手順

  • 3-1

    • 編成の要点
  • 3-2

    • 実践・ライン改善
      • 対象の選定 -代表品種の選定と生産動向の確認
      • 現状の定量化
      • 目標サイクルタイム(Y|TCT)設定
      • 現状ピッチダイアグラムの作成
      • 改善視点の整理
      • 改善案の抽出、検討
      • ライン編成の着眼点


ライン作業分析による現場改善 | 受講者アンケート

  • NO.1

    • 今回のケーススタディを実施する手法が身に付き、現場でも使えそうです。
    • 部門:製造、20代、業務年数4~6年

  • NO.2

    • 製造現場の改善、ライン設計にIE手法を取り入れたいと考えて受講しました
      内容もわかりやすく、ライン作業の分析を行う上で、使いたいです。
    • 部門:製造、30代、業務年数7~10年

  • NO.3

    • 実務で聞く、見る分析結果の成り立ちが、よく理解できました。
      研修の企画での活用、職場での展開に生かしていきたいと思います。
    • 部門:生産企画、50代、業務年数16年以上

  • NO.4

    • 演習に時間をかけていて実用的で、実践に役立てられる内容でした。
      自ラインに役立てる内容ですぐにでも実行できると感じました。
    • 部門:製造、30代、業務年数7~10年

  • NO.5

    • ラインの編成は、現場でも日常的に使用しております。
      再度 基本から学べて理解が深まりました。演習も多くおもしろかったです。
      現場の改善活動の際に、編成を活用していきたいと思います。
    • 部門:生産管理、20代、業務年数4~6年

  • NO.6

    • 実際の業務の中で編成効率を行っているので、今回学んだ事を、そのまま活かし実践を重ねていきたいと思ってます。
    • 部門:生産技術、20代、業務年数7~10年

  • NO.7

    • 実際のラインで活用できるように、したいと思います。
    • 部門:生産技術、20代、業務年数4~6年