IE基礎テクニック習得コース

改善技術の基礎知識

プログラム内容 【配信時間:約4時間10分】

1.基礎用語を理解する

  • 1-1

    • IE、生産管理、標準時間
    • ワークユニット、改善技術とは
  • 1-2

    • 現状分析技術、改善発想法とは

2.現状分析技術の活用方法の理解と体験

  • 2-1

    • ワークユニット
      • ワークユニットとは
      • ワークユニットのレベルとは
      • ワークユニット区分体験
  • 2-2

    • タイムスタディー
      • タイムスタディーの目的
      • タイムスタディーの進め方
      • 要素作業への展開、タイムスタディー体験
  • 2-3

    • 標準時間の設定
      • 標準時間設定の基本
      • 作業測定法の種類
      • PTS法とその特徴
      • MOSTシステム
      • 基本MOSTシーケンスモデル

3.改善発想技術の活用方法の理解と体験

  • 3-1

    • 改善の4原則(ECRS)と5W1H
  • 3-2

    • ブレーンストーミング
  • 3-3

    • 改善案作成の体験


改善技術の基礎知識 | 受講者アンケート

  • NO.1

    • セミナーを受講してみて、今後の改善への着眼点、目的、優先順位等をつける手法を学びました。今後の改善活動に活かしていきたいと思います。
    • 部門:生産技術、20代、業務年数7~10年

  • NO.2

    • 現在の業務に対する理論の裏づけが、出来てよかったです。角田様の説明はとてもわかりやすく、人柄のせいか、話やすかったです。
    • 部門:生産技術、20代、業務年数4~6年

  • NO.3

    • 製造現場でのコスト改善策の創出に活かす予定です。
      ケーススタディがあり、イメージがわいて、とてもわかりやすかった。
      ビデオやSWを用いて現状分析をし、皆で改善案について話し合っていきたいと思います。
    • 部門:製造、20代、業務年数4~6年

  • NO.4

    • 今までは業務の中で必要に応じて、上司から断片的に教えてもらっていたので、わかりずらいことも多かったのですが、一連の流れで教えていただけたので、全体でみることができ大変よかったです。具体例も示していただき、大変わかりやすかったです。
    • 部門:生産管理、20代、業務年数4~6年

  • NO.5

    • 少人数で集中して受講することができた。演習も含め理解しやすい内容だった。
      分析後の考え方が非常に参考になったので、今後活用していきたいと思います。
    • 部門:製造、30代、業務年数7~10年

  • NO.6

    • 講座が、聞き取りやすく、講義のスピードもちょうど良く分かりやすかった。
      現場での作業性向上に関するテーマを担当したときに、活かせればと考えています。
    • 部門:生産技術、30代、業務年数4~6年

  • NO.7

    • 標準時間の設定、ECRSによる改善等、行っている様で、不明確な部分を、明らかにしおとしこんで、行きたいと思います。
    • 部門:製造、30代、業務年数7~10年